施設レクレーション

6月25日(火)京葉学園では「地域ささえあいコース」の学生の皆さんが施設などで高齢者に楽しんでもらうレクレーションの技法を学びました。

はじめにアイスブレイク、講師と学生によるゲーム「勝ち負けじゃんけん」で負けた学生が今、一番やりたいことを発表し、和やかな雰囲気の中で授業のスタートです。

前半の講義に続き、いよいよ介護レクレーションの実践です。
まず、誤嚥防止に役立つ※「パタカラ体操」を全員で体験後、講師を囲んで様々なレクレーションを学びました。
ゲームや懐かしい童謡などを取り入れ、コミュニケーションを図りながら、無理なく、手、足など適度な運動や認知機能のトレーニングを体験し学生同士の交流も深まりました。
「地域ささえあいコース」では、今後、ボランティア実習などを通じて、高齢者や子供たちへの支援など、地域のささえあいについて学んでいきます。

※ 衰える嚙む力や飲み込む力を鍛える体操で、大きな声でしっかり口を動かし「パ」「タ」「カ」「ラ」と発音。また、パパパパパ タタタタタ カカカカカ ラララララ と3回繰り返します。