授業風景(生活科)手工芸

  • 授業風景
学園名 東総学園
学科名 生活科
担当講師名 須田 時代先生

概要
羊毛の原毛から手作りでフェルト生地にし、ペットボトルホルダーを制作します。
受講生の声
■男子に「手工芸」は無縁と思っていたが、やってみるとおもしろかった。

■面白く、いい作品ができた。

このページの先頭に戻る

授業風景(生活科)手工芸

  • 授業風景
学園名 東総学園
学科名 生活科
担当講師名 山口 正昭先生

概要
アートリュミエールは、欧州から輸入された特殊なアートフィルムとリード(鉛線)を主材料に透明なガラスなどの素材に創作をほどこして制作するフィルムステンドグラスです。美しい光がこぼれる素敵なフォトフレームを制作します。
受講生の声
■ステンドグラスより易しく作れました。

■ハンダごて等は使わずに、カッターとはさみで作れて、簡単でした。

■ステンドグラスの美しさを楽しめて、作る楽しみ、出来上がった喜び、とても良い時間を過ごさせていただきました。

■久しぶりに物作りの楽しさを味わった気がします。

このページの先頭に戻る

授業風景(生活科)色彩とファッション

  • 授業風景
学園名 東総学園
学科名 生活科
担当講師名 西広 則和先生

概要
”色の効果”と”目の錯覚”について学び、見た目の変化がもたらす心の持ち方の効果を体験します。
講師からのメッセージ
生涯大学校の生徒さんは、自分より数段人生経験豊富な方ばかりなので、自分が壇上でお話させて頂くのは非常に恐縮してしまいます。学習意欲が旺盛な生徒さんとふれあうことで、自分自身も勉強になります。

受講生の声
■色彩に関することを学べて、色を楽しむという勉強ができ、良かったです。

■おしゃれが大事だと感じました。

■戦後の物のない時代に育ち、現在にマッチした講義でした。

このページの先頭に戻る

授業風景(生活科)色彩魚拓

  • 授業風景
学園名 東総学園
学科名 生活科
担当講師名 林 友久先生

概要
漁業の町・銚子ならではの地域色を取り入れた講義です。魚拓は白と黒で表現しますが、色彩魚拓はうろこの1枚1枚、皮の質感まで絵の具で再現し、写真か絵かと誰もが勘違いします。講義では初心者向けに、貝殻と葉っぱで体験しました。
受講生の声
■初めての体験で、とても面白かったです。

■先生が魚で実演してくれた”色彩魚拓”はとてもきれいでした。魚拓のイメージが変わりました。

■今回は緑の葉っぱでしたが、赤く色づいた紅葉でもやってみたいです。

このページの先頭に戻る

授業風景(生活科)調理実習:アジア料理

  • 授業風景
学園名 東総学園
学科名 生活科
担当講師名 酒井 美代子先生

概要
地元銚子のCATVの料理番組でもおなじみの酒井美代子先生による、アジアの食文化の解説と香辛料をふんだんに使用したエスニック料理の調理実習です。調理実習では家庭でも簡単にできるように、手に入りやすい香辛料、材料などに置き換えて作ります。
受講生の声
■いつも家庭で作るカレーとは違い、スパイシーでした。

■ドレッシングは冷蔵庫にある調味料で作れるものだったので、早速家庭でも作ります。

■ガイドブックには載っていない、現地の料理や食文化を知ることができて楽しかったです。

このページの先頭に戻る

授業風景(生活科)調理実習:西洋料理

  • 授業風景
学園名 東総学園
学科名 生活科
担当講師名 増田 英二先生

概要
地元銚子で大人気の西洋レストラン「茶葉蘭」のシェフ増田英二先生による、西洋料理の調理実習です。「茶葉蘭」の味を家庭でも楽しめるよう、レシピをアレンジしています。
受講生の声
■フランス料理は彩り豊かで、見た目がとてもきれいです。家庭でも飾り付けを真似してみようと思いました。

■裏ごししたかぼちゃのスープは、舌触りの心地よさとやさしいほのかな甘さがとてもおいしかったです。家庭では裏ごしの一手間がなかなかできませんが・・・。

このページの先頭に戻る

授業風景(生活科)調理実習:和食

  • 授業風景
学園名 東総学園
学科名 生活科
担当講師名 長井 滋先生

概要
地元銚子の老舗割烹「越中屋」のご主人による、和食の調理実習です。だしの取り方、卵焼きの作り方、魚のおろし方、包丁の研ぎ方など、主婦としてはいまさら聞くに聞けない和食の基本を親切丁寧に指導してくれます。
受講生の声
■大きなひらめのしめ方に驚きました。職人技ですね。

■だし汁の取り方、参考になりました。化学調味料に頼らず、鰹節でとっただし汁はやっぱりおいしいですね。

このページの先頭に戻る

授業風景(生活科)パソコン

  • 授業風景
学園名 東総学園
学科名 生活科
担当講師名 川津 和子先生

概要
パソコンの専門学校の教室をお借りして、一人1台のパソコンを操作して行う実習形式の講義です。新聞やニュースでよく耳にするインターネットの世界を実際に体験し、初心者でもパソコン操作を楽しむことができます。
受講生の声
■パソコンは初めてでしたが、楽しめました。家に帰ってから、主人と相談し、パソコンを購入することにしました。

■あっという間に過ぎたような気がします。初めてパソコンを触り、感激でした。

■インターネットはやっていましたが、ペイントの使い方は知らないテクニックを知ることができてうれしかったです。

■今後も続けたいです。ブログもやってみたいし、とても有意義な講義でした。

■自己流でパソコンを使用していましたが、この授業で新しい発見があり、楽しかったです。またこの講義をお願いします。

このページの先頭に戻る

授業風景(生活科)千葉県の民謡と踊り

  • 授業風景
学園名 外房学園
学科名 生活科
担当講師名 坂東 三保文先生

日時 平成24年6月20日
概要
千葉県の民謡と踊り(1)
受講生の声
■夏祭りのシーズンを控え、良い準備運動になった。

■生涯大学校の授業が無ければ民謡を踊る事は無かったが、良いチャンスを頂いた。

■郷土の踊りを始めて体験できた。

このページの先頭に戻る

授業風景(生活科)千葉県の民謡と踊り

  • 授業風景
学園名 千葉県生涯大学校 浅間台校舎
学科名 生活科
担当講師名 瀧田 泰子先生
(松戸市健康体操連盟名誉会長)

日時 平成24年6月30日
概要
■いきいきとした生活を保つために今からできること
1.健康であるために何をしているか?
2.今のからだの状況を知っているか?

実際に体を動かして体操の実践をした
受講生の声
■運動不足の中、体を動かせてよかった

■バランス立など自分の現状を認識させられた

■手軽にできる体操(ストレッチ的)を教えてもらい、これから継続してやろうと思う

■改めて体操をするという感覚でなく、日常生活の中で意識的に体を動かす、意識をしてやることの重要性を知った

このページの先頭に戻る